サヨナラしたい生理痛
ホーム    リンク    サイトマップ

生理痛と漢方

漢方というと、即効性がないので倦厭されがちですが、体質改善をしていくという上ではもってこいのものです。西洋医学では鎮痛剤などを用いて痛みを軽減させますが、東洋医学では生理痛にともなうイライラやお腹の膨満感などにも着目しています。鎮痛剤と漢方薬をうまく使い分けていくといいのではないでしょうか。
漢方薬というと、煎じて飲むので飲みづらいイメージがありますが、顆粒状になって飲みやすいものもあります。自分に合った漢方薬を見つけてみましょう。


当帰芍薬散

体が弱い人、体力が弱っているときに子宮への栄養が行き届かなくなるタイプの生理痛に向いている漢方薬です。

特徴として、生理の後半にシクシクとした生理痛が起こります。顔色も青白く、冷え性で貧血気味といったタイプに多くみられるケースです。

当帰芍薬散は栄養物質を増やす働きがあるので、このタイプの生理痛に適しています。

▲ Page top

桂枝ぶく苓丸

生理の始まる前から生理痛があり、寝込むほど痛むこともある場合の生理痛に向いています。時折刺すような痛みがあるのも特徴です。

血液の循環がスムーズに行われていないために起こる生理痛で、子宮に行くべき栄養物質が、流れが阻害されるために子宮まで届かないと考えられています。ストレスや体の冷えが血流を悪くしていて、見分け方としては、顔色が悪い、唇の色が紫っぽい、冷えやのぼせの症状がある、シミやアザができやすい、などが挙げられます。

桂枝ぶく苓丸には血流改善の効果がありますので、体質改善のためにも飲み始めてみてはいかがでしょうか。

▲ Page top

加味逍遥散

加味逍遥散は更年期障害にも使われている漢方薬で、生理痛の他に、便秘気味、のぼせや冷えがある、イライラして精神不安定になる、などの症状があるときに使われる漢方薬です。

血流をよくしてホルモンバランスを整え、精神を安定させる働きもあります。

▲ Page top

漢方と生理痛

生理痛にいいと言われている漢方薬を3つ紹介しましたが、他にも生理痛に効果が期待できる漢方薬は数多くあります。東洋医学の漢方の観点から見た生理痛はタイプが3つに分けられ、それぞれに効き目のある漢方薬があります。

漢方の専門家は、生理痛の症状をよく聞いて、いくつかの症状が重なっている場合でも、適切なものを処方し、すすめてくれるはずです。薬局やドラッグストアではなく、一度専門店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

冷え性

冷え性で血行が悪くなり、血液がドロドロしている人の生理痛です。生理痛もひどく、特に痛むのが、出血が一番多いときに痛みがひどくなります。粘りのある黒っぽい血が出、レバーのような塊も出てきます。慢性的な頭痛に悩まされている人も多く、目の下にクマや、歯茎も黒っぽく変色している場合があります。

冠元顆粒、桂枝ぶく苓丸などの血液をサラサラにしてくれる漢方が向いています。

▲ Page top

ストレス

イライラやストレスから来る生理痛です。ストレスがたまると自律神経の乱れも生じてしまいます。生理の周期も乱れがちで、精神的に不安定になり、生理の前には肌荒れやきにびができやすくなります。お腹や胸が張ることがあり、時には夜眠れなくなったり、過食気味になってしまったりします。こんなタイプは、ストレスで子宮が緊張してしまっているので、子宮を緩めてあげなければいけません。

イライラやストレスを安定させるためにも星火逍遥丸や加味逍遥散がいいでしょう。

▲ Page top

貧血

血液不足から来る生理痛では、顔色や唇が白っぽかったり、生理周期が長いという特徴があります。サラサラした経血があり、生理の後半から終わったあとに、お腹や腰に痛みや重みを感じます。元々貧血を持っている人は、ほぼこのタイプに当てはまります。

血液を増加させ、ホルモンバランスを整えてくれる働きのある婦宝当帰膠や十全大補湯、当帰芍薬散がお勧めです。

▲ Page top



このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us