[スポンサードリンク]

生理休暇

生理痛が辛すぎると、出勤するのも大変な思いをしますし、実際出勤できたとしても、仕事が手につかないほど辛いときもありますね。自分の会社の就業規則をじっくり読んだことがあるでしょうか。『生理休暇』の項目があるはずですよ。どうしても生理痛が辛い場合は、生理休暇の制度を上手に利用して、体をやすめてあげてはどうでしょうか。

生理休暇って何?

無理な出勤はつらい

生理休暇とは、労働基準法第68条で定められている、『生理日に就業が著しく困難な女性に対する措置』のことを言います。生理痛がひどく、仕事をするのが困難な場合、仕事をさせてはいけないということが法律で定められているのです。

また、生理休暇の日数を何日間までと限定することも許されません。本人が生理痛で辛いと言う限り、申告があれば仕事をさせてはいけないことになっているのです。

生理痛がどれだけ辛いのか、それは本人にしか分かりませんが、本人が辛いと言うのであれば、休暇を与えなければいけなくなっています。生理休暇を有給にするのか欠勤扱いにするのかは、それぞれの企業によって違ってきますので、就業規則をよく確認してみましょう。

制度のない会社も

うわさ

制度がないというのはありえないのですが、厳密にいえば、就業規則で決まっていても、実際に生理休暇を申請する人がいない会社もあるでしょう。

本来生理休暇は、1日だけではなく、半日だけでも時間単位でも申告して休むことができる制度です。本人の申告が信用できないからといって、医療機関の診断書なども提出する必要はありません。

周囲の同僚の証言でいいとされているのです。ですから、前例がないから……などの理由で生理休暇を申告できないということは、会社側では実際してはいけないことなのです。

生理休暇の乱用

事実、中には不正に生理休暇を取得している人もいるでしょう。仕事ができないほどではないのに、月に1度、必ず生理休暇を取得する人がいます。

生理休暇とは、あくまでも『生理痛により就業が困難な場合』に与えられるものであり、生理だからといって休んでいいものではないのです。仕事ができる状態なのに、あからさまに不正に生理休暇を取得している場合でも、あくまでも本人にしか分からない辛さですし、ちょっとの痛みでも耐えられない人もいれば、かなりの痛みでも限界まで頑張れる人もいるでしょう。

本人のモラルの問題になりますが、女性に与えられた特権だからといって、使わなければ損! という感覚ではいけません。自分なりに生理痛を軽くする努力も必要です。

周囲の理解が必要

生理休暇を申告するには、周囲の理解も必要です。中には倒れるほど辛いのに、周囲の理解がないために、無理をして仕事をしている人もいるでしょう。

しかし、労働基準法第120条代号により、『生理休暇の基底に違反して、休暇を与えず就業させた使用者は、30万以下の罰金に処す』とあります。このことを知らない人も意外と多く、毎月無理をして仕事をすることになるのです。

生理休暇をとりたいと願い出ても、認めてもらえない会社もあるようですが、これは立派な違反になります。女性が多い職場では使いやすい制度かもしれませんが、男性が多い職場では、中々理解が得られずに、申告しづらいかもしれません。痛みの程度は千差万別ですが、就業困難になるほどの痛みを我慢することはありません。女性を採用している以上、企業にも生理休暇を与える義務があるのです。

また、毎月生理休暇を取得するからといって、それを理由に昇給や人事に影響を与えることも望ましくないとされています。年次有給については、生理休暇を取得した日数を出勤扱いとして計算しなくてもよいとされています。

[スポンサードリンク]