[スポンサードリンク]

生理痛の症状

生理痛の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。一般的に多いとされている症状を紹介していきましょう。多くの症状は、生理の直前から始まって2~3日くらいまであるようです。下腹部に鈍痛を覚えるものから頭痛、下痢など様々な症状があります。

頭痛

頭痛

生理の始まる前から始まって数日の間、生理痛として頭痛を訴える人も多いです。

男性に比べて、女性の筋肉は華奢にできているため、とても疲れやすいので、日頃から頭痛を訴えるのは、男性よりも女性の方が圧倒的に多いのです。女性の頭痛の60%は生理と関係していると言われています。

生理のときに頭痛が起こりやすいのは、女性ホルモンの一種でもあるエストロゲンという物質が、急激に減るためだと言われています。こうしたことから、生理のときの頭痛には、エストロゲン製剤を服用するのが効果的です。

腰痛

腰痛

生理になると腰痛を訴える人もかなり多いです。生理時の腰痛の原因になっているのは、プロスタグランジンというホルモンのせいだと言われています。このホルモンの分泌が多いと、生理痛も重くなると分かっています。
生理や出産にまつわる腰痛は、女性特有の腰痛になります。生理のときの腰痛は病気とは別なものになりますが、あまりにも腰痛がひどく、日常生活にも支障がでるようであれば、一度医師に相談してみましょう。

下痢

生理になると便が緩くなりませんか?ひどい場合には水溶便になるときもありますね。これは何故なのでしょうか。生理の時には、腰痛の原因でも挙げたプロスタグランジンというホルモンが、大量に分泌されます。これは子宮収縮を促すホルモンでもあり、陣痛のような腹痛を起こす原因にもなっています。このホルモンには、子宮以外の血管や臓器を収縮させてしまう働きもあるため、腸も影響を受けて下痢をおこしてしまうのです。

PMS(月経前症候群)

PMSとは月経前症候群のことで、Premenstrual Syndromeを略した物です。定義として、『月経の2週間ないし1週間くらい前から起こり、月経開始と共に消失する、周期性のある一連の身体的、及び精神的症状を示す症候群』とされています。症候群とは、様々な症状の集まりのことを言います。要は、生理の前になると体も精神的にも不調になってしまい、生理が始まると、いつの間にか軽くなる様々な症状のことをいいます。

PMSの症状

PMSには身体的、精神的に様々な症状が出てきます。

<体への症状>

  • 下腹部痛
  • 頭痛
  • 下腹部の膨満感
  • 腰痛
  • 関節痛
  • 乳房が張る・乳房痛
  • にきび
  • めまい
  • むくみ・足が重い
  • 体重増加
  • 便秘・下痢
  • 食欲が増す
  • 動悸・悪心

<精神的な症状>

  • 憂鬱
  • 無気力
  • イライラ感・闘争的
  • 緊張
  • 判断力の低下
  • 疲れやすい
  • 孤独感
  • 集中力の低下
  • 気力が持続しない
  • 妄想
  • 涙もろくなる
  • 眠れなくなる
  • パニックに陥る

これらがPMSで多く見られる症状です。精神的なものは、自分だけではなく、周囲にも影響を及ぼしてしまうこともありますのでなんとかしたいものです。これらの症状が単独で起こるのではなく、いくつかの症状がまとめて出るのが特徴です。

PMSの原因

PMSの原因は、まだ明らかになっていないのが現状です。有力な説としては、卵巣からの黄体ホルモンの影響で、体に水分がたまりやすくなることが様々な症状を出すという説、生理の前になるとβエンドルフィンという物質が激減するため、欝状態になりやすいとする説、生理前に低下するセロトニンの影響で、マイナス思考の精神状態になるのではないかという説があります。

PMSの治療

治療を行う前に、PMSがどういうものなのか理解する必要があります。生理の前から症状が出始め、生理の開始と共に症状が軽減されるのですから、あまり深刻にならないことが大事です。

治療は、非薬物療法と薬物療法があります。薬を使用しない方法として、食事や運動に気を配ります。低タンパク、高炭水化物を摂るようにし、コーヒーなどのカフェィンが含まれているものはPMSを悪化させる恐れがありますので控えましょう。適度な運動を行い、ハーブのサプリメントやハーブティーなども、気持ちを落ち着かせてくれるのでお勧めです。薬物療法では、ビタミンやミネラル剤の他に、抗欝剤、精神安定剤などが使われ、場合によってはピルが使用される場合もあります。

[スポンサードリンク]