[スポンサードリンク]

病気が原因の生理痛

病気が原因の器質性月経困難症として、子宮内膜症と子宮筋腫を紹介します。これらの病気があると、生理痛も重くなり、原因となる病気を治さなければ症状も治まりません。あまりにも生理痛が重い場合は子宮の病気を疑ってみて、一度診察を受けた方がよさそうです。

子宮内膜症

子宮の仕組み

比較的耳にすることの多い子宮内膜症ですが、子宮内膜とはどんなものなのでしょうか。子宮内膜は、子宮の内側を被っている粘膜のことです。排卵が近づくと子宮内膜が増殖して厚くなり、卵子が着床すると栄養を運ぶ役割をする場所です。妊娠が成立しないと増えた子宮内膜は必要なくなりますので、生理として体外に排出されます。これが生理と呼ばれるものです。それでは、子宮内膜症とはどのようなものなのでしょうか。

子宮内膜症って?

子宮内膜症は、卵巣機能が活発な20代後半から40代前半に多く、その10人に1人は子宮内膜症だと言われているほど多いものです。

本来、子宮の内側だけにあるはずの子宮内膜の組織が、内側以外の卵巣や卵管などに増えていく病気です。子宮であれば不要になった内膜を生理として排出することができますが、卵巣や卵管に増殖した内膜は排出場所がなく、血液がたまってしまい、様々な症状を出します。一番多く見られる場所は卵管ですが、他の部分にも起こる可能性はあります。

肺や胃、腸にも子宮内膜ができる場合がありますが、『子宮内膜症』と呼ばれるものは、骨盤内にできたものだけに限定しています。閉経を迎えると子宮内膜症の頻度が激減しますが、近年、初潮の低年齢化や出産する回数が少ないなどで、子宮内膜症の患者自体は増加傾向にあります。

子宮内膜症の種類

子宮内膜症は、できる場所によっていくつかに分類することができます。

ブルーベリースポットと呼ばれるものは、腹腔内に小さな子宮内膜の組織がいくつもできているもので、赤や赤紫をしています。子宮内膜症の中でも極初期の段階のものをいいます。

卵巣チョコレートのう胞は、ある程度内膜症が進行している状態で、卵巣内に出血した血がたまり、のう胞と呼ばれる組織が作られます。たまった血が古くなると変色してチョコレートのような色になるため、こう呼ばれています。痛みを感じる人は少なく、自覚症状がない場合もあります。注意が必要なのは、卵巣にねじれが生じたり、のう胞が破裂するといきなりの激痛に見舞われます。

ダグラス窩子宮内膜症と呼ばれるものは、子宮と直腸のくぼみにできた内膜症のことを言います。かなり進行していて、この場所に内膜症が起こると、子宮と腸が癒着を起こす場合もあり、排便痛なども起こるようになります。薬物療法や手術が行われますが、患者自身の考えで方法が決められます。診察は、出血していると気分的に嫌なものですが、一番内膜症を診察しやすいタイミングともいえるので、恥ずかしがらずに診察を受けましょう。

出産で生理痛が改善する?

子宮内膜症の原因は、妊娠に備えて増殖した子宮内膜が必要のない場所にできてしまうことです。妊娠すると生理はストップします。子宮内膜から臍の緒を通して胎児に栄養を与えるため、内膜症は悪化しないで改善の方向に向かうというわけです。これにより、出産後に症状が軽くなったり、全く症状が出なくなるのです。もちろん人それぞれですので、全く症状が変らない人も中にはいることも事実です。

子宮筋腫

子宮を形作っている筋肉の一部が変化した腫瘍です。もちろん良性なのですが、悪性になるとがんになります。成人女性の4人に1人は筋腫持ちだといわれるくらい、頻度の高いものです。30~40代に多く見られるのが特徴です。

原因は不明ですが、卵巣ホルモンが関係しているのではないかと言われています。生理の期間が長く、量も多い、痛みもかなり強く感じるのが特徴です。貧血の症状が出る場合があり、筋腫が大きくなると頻尿や便秘、下腹部痛や腰痛にもなります。

筋腫の種類

子宮筋腫の三代症状と呼ばれるのが、過多月経、不妊、生理痛になります。種類も3つに分かれ、筋層内筋腫が一番多いタイプになります。小さい場合は症状がほとんどありません。粘膜下筋腫になると手術が必要な場合もあり、一番重いタイプの筋腫です。しょう膜下筋腫は筋腫が何かの拍子にねじれると、激痛を起こす筋腫なので注意が必要です。治療は薬物療法と手術によるものがありますが、ほとんどが経過観察をするか、手術で摘出してしまうかのどちらかが多いようです。

[スポンサードリンク]