サヨナラしたい生理痛
ホーム    リンク    サイトマップ

月経困難症の検査と治療

どうしても生理痛が辛い場合、婦人かで診察・検査を受け、治療することによって症状が軽減できます。月経困難症となれば、日常生活を送るのも大変になりますので、早めに治療を行って、少しでも体を楽にしてあげましょう。そうしなければ、毎月生理が来る頃になると恐怖が襲ってきて、それがストレスになって益々症状がひどくなってしまいます。


月経困難症の診断

問診どこの医療機関もそうですが、診察の前に問診があります。どのようなことを聞かれるのか、あらかじめ頭の中で整理して行きましょう。受付で問診表を渡される場合が多いので、焦らずにゆっくりと記入しましょう。エコー検査まで行い、器質性の月経困難症と思われる場合、MRIやCT検査も行われます。

▲ Page top

問診表

問診表ではあなたの現在の状態だけではなく、過去の既往症なども聞かれます。大事なのは初潮の年齢、出産経験の有無、月経周期・状態、自覚症状、性体験、既往症(親族を含む)、服用中の薬などを問われます。なるべく詳しく記入しましょう。

尿検査

尿検査で分かることは、ホルモン状態や排卵の有無です。できれば基礎体温を測って持参するのがいいでしょう。排尿できないと困りますので、受診する前は尿をためておきましょう。

血液検査

血液検査からは、ホルモンの状態、子宮や卵巣に腫瘍がないか調べるのが目的です。貧血の有無も分かります。

内診

若い女性で産婦人科を受診したことがない人では、この診察が、一番抵抗があるでしょう。ですが、必要な検査ですので体の力を抜いてリラックスして受けましょう。直接医師が膣内や子宮口の状態を診て調べるもので、痛みもなく、数分で終わりますので安心してください。

エコー検査

超音波を使った検査です。体の中の臓器をみることができます。この検査で子宮や卵巣の状態を調べます。

MRI

磁気を使った装置で、体の断面図を画像にして調べます。器質性月経困難症と考えられるときに行われる検査です。

CT

これはX線を使った検査で、体の断面図を画像にして調べます。MRIと同じく、器質性月経困難症が疑われるときに行われる検査です。

▲ Page top

月経困難症の治療

月経困難症は2つに分類されることから分かるように、その種類によって治療法が変ります。それぞれの治療法を見て行きましょう。

器質性月経困難症の場合

器質性の場合、子宮に病気があることが原因になりますので、その原因となっている病気の治療を行わなければいけません。原因となっている病気の治療を行うことで、月経困難症の症状もよくなるのです。

機能性月経困難症の場合

機能性月経困難症の場合、対処療法として鎮痛剤が用いられます。痛みの原因となっている、プロスタグランジンが必要以上に多く出ることを防ぐ薬も一般的に使われます。この痛みの元になる成分は、生理が始まる前から少しずつ出始めますので、生理が始まると予想される1〜2日前から服用し始めると効果があると言われています。症状がかなり重い場合には、ピルが使われる場合もあります。ただし、ピルは服用できない人もいますので、高血圧であったり、たばこを吸う人は隠さずに医師に申告しなければいけません。ピルは必ず医師の指導通りに服用しなければいけません。

▲ Page top

生活習慣の改善

生活習慣が不規則だと、ホルモンのバランスもくずれがちになります。そうすると生理痛の症状も重くなり、疲れもとれずにストレスがたまり、症状を悪化させることになってしまいます。規則正しい生活を送り、食生活にも気を配りましょう。生理中は無理をせず、体をやすめてゆったりとした気持ちで過ごすようにしましょう。疲れやストレスをためないよう、十分な睡眠をとり、日常の中でも心も体もリラックスできる時間を作るといいでしょう。

▲ Page top



このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us